月別アーカイブ: 2017年12月

肌って正直だな

基礎化粧品で最初に使うブランドのものは、自分のお肌にマッチしているのか不明であるので、使用するのに少し心配があります。

店頭での試用ではおぼつかないこともありますから普段より少し小さいサイズで、割の良いトライアルキットなどがあれば誠に嬉しいです。

年齢を重ねると、肌って正直だなと思います。

目の下に出てくるクマや乾燥による翳りには、他人が指摘するだいぶ前から本人は不安を感じているはずです。

お肌の弾力性やリフト機能が失われ、新しくできたシミやしわが次のシーズンにまで残るようになります。

紫外線対策をするようになっても、いままで日に当たっていた手の甲や、顔の中では目周り、口元などのしわを気にしている人は少なくないようです。

私は花粉症で毎年辛い思いをしているのですが、スギ花粉の季節が近づいてくると、敏感肌になって肌荒れが起こってきます。

そうしたことで、この時期にメイクをするとより悪化するので、ナチュラルメイクだけで過ごしております。

アイメイクくらいはしたほうがいいかとも思いますが、敏感な肌になっているため、目の周りがさらに痒くなり、絶対にできないのです。

コラーゲンの最も注目すべき効果は美肌美人になれることです。

コラーゲンを体内で吸収することによって、人間の体を構成しているコラーゲンの活発な新陳代謝を促し、皮膚に潤いや弾力を与えることができます。

細胞内のコラーゲンが減少すると皮膚組織が老化してしまうので、若々しい肌をキープするためにも意識して摂取するようにしましょう。

漸く使っても、ますます肌や爪水虫が不健康になっては不愉快です。

敏感な肌向けの乳液もありますので、そういうのを使うと快いかもしれません。

敏感肌のジャンルも人によってなので、自分に合った乳液を見定めるのが肝だと思いますスキンケアには、肌を保湿したり、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。

しかし、内部からの肌への働きかけはより重要なことなのです。

不規則な食事や睡眠、タバコを吸うといった生活をしていると、どんなにいい化粧品を使っていても、充分に活かすことができません。

まずは生活習慣を見直すことが、体の中からお肌に働きかけることができます。

敏感肌だと過去に合わなかった化粧品を使うと、すぐに肌に影響が出てしまうので、がっかりですよね。

特に警戒したいのがエタノールというものです。

多くはニキビ用の化粧品に使われているのですが、お肌にいじわるをして、爪水虫がもっと状態が悪くなる恐れがあります。

爪水虫の薬も皮膚科で処方されるのなら問題ありませんが、爪水虫の薬を通販で購入する場合は警戒してください。

 

 

トイレ掃除について思うこと

今日、久しぶりにトイレ掃除をしました。

しばらくやっていなかったのですよね、色々と忙しくて。

トイレ掃除も、時と場合によってどれぐらい何をやるかが違ってくるのですが、今回はフルにやりました。

毎日、或いは一日おきぐらいに、目に見える汚れが便座の上や周りにあった場合には、お風呂掃除用の洗剤を便座にスプレーして、それをトイレットペーパーで拭きとり、流しています。

これはわりと簡単ですし、便器が一気に綺麗になります。

これはわりと頻繁にやるのですが、便器の蓋などを全部上げて中や裏の汚れを拭き取るのは週に一度ぐらいですね。

そしてトイレ掃除の一番定番の、「便器の中」です。

そう、あのブラシを使ってごしごしやる作業です。

あれが一番いかにもトイレ掃除っぽい作業ですよね。

トイレ掃除を初めてやったのは大学生のときでしたね。

一人暮らしのときでしたが、トイレを洗った経験がなかったので、ネットで色々と調べてしまいました。

かなり笑える話ですけどね。

トイレの便器の中を洗剤とブラシでごしごしやるのは知っていましたが、トイレの便器やその周り、トイレの壁の掃除などに関しては詳しくなかったので、色々とやり方をネットで調べたりして学びました。

色々と飛び散ったりするので、見えない汚れを拭き取るのも大事なのですよね。

今となってはかなりトイレ掃除のプロになったつもりではいます。

多分私ほど丁寧にトイレ掃除をやっている人はいないかもしれません。

今日はトイレ掃除をフルにしたので、トイレも喜んでいるはずです。